転職サイトのメリットやおすすめポイントは?デメリットもあるってホント?

就活、転職に役立つ転職サイトに関する情報サイトです。せひ参考にしてみてください。

社内ニートという言葉を知っているでしょうか?
出社しているのにまともな仕事をせずに給料をもらう人のことです。

そんな働かないで給料を貰える社内ニートを羨ましがる人もいますが、決して羨ましがられる存在ではありません。

社内ニートは羨ましがられる存在ではない

まず始めに、社内ニートは羨ましがられる存在ではないことを認識しましょう。
時々、「出社してネットサーフィンしているだけで給料を貰えるのが羨ましい」という意見があります。

しかし、これはおふざけ意見でしかありません。
社内ニートとは会社から仕事を与えてもらえない人です。

これは評価されるチャンスすら与えてもらえないということであり、社内ニートになれば出世の道が閉ざされてしまうのです。
給料アップも当然ないので、結婚などの人生設計もできません。

時々、「結婚する気も出世する気もないし給料を貰えるだけで十分」という社内ニートもいますが、仕事をしない人間をいつまでも雇う会社はありません。
キャリアを積めないまま、近い将来リストラされる可能性が高いのです。

社内ニートを脱出したくても脱出は困難

社内ニートは本人の能力不足やヤル気の無さなど個人の責任だけでなく、会社の職場環境が原因となる場合もあります。
新入社員に仕事を教えたり、仕事を与えたりする組織体制が不十分な場合は社内ニートが発生する場合があります。

このため、職場環境が原因となって本人に仕事をする意欲があっても社内ニートを脱出しにくくあります。
そして、社内ニートになる原因に関係なく社内ニートは状況改善が困難です。

なぜならば、社内ニートに対する職場の人間の感情は「邪魔だからそのまま何もしないでほしい」「関わり合いになりたくない」などネガティブなものしかありません。
社内ニートを脱出しようにも、脱出するための努力をしても出遅れ状態にあるのです。

社内ニートを脱出したいならば転職

社内ニートという会社の最大の不良債権になってしまった場合、信頼を完全に失ってしまって同一社内で信頼を取り戻すのは極めて困難です。
なんとか頑張ろうとしても誰からも評価してもらえずに心が折れ、鬱病などの精神疾患を患う場合もあります。

そこで社内ニートを脱出するためにおすすめしたいのが、転職です。
同一の職場で無理に頑張らずとも、新しい職場で心機一転して頑張ればよいのです。

転職したほうがよいと分かっていても、転職に成功するかわからずに一歩踏み出せない人もいます。
しかし、なにもしなければ近い将来にリストラされるので思いきって転職しましょう。